あけぼのばし整骨院 産後骨盤矯正 オステオパシー整体が人気

施術者:柔道整復師 山口崇

  • アクセス
  • 受付時間
  • ネット予約

スタッフブログ

腰痛には足組みがいい?

腰痛には足組みがいい?

こんにちは。あけぼのばし整骨院の安藤です。
皆さんは、椅子に座っているときに足を組むことをしていますか?

足を組んだら良くないと聞いたことはあるけど、ついついやってしまいますね。 私も良くやってしまいます。

足を組んで座るとどうなってしまうんだ??っていうと骨盤がずれてしまう、筋肉が硬くなってしまう、骨格のバランスが悪くなってしまうなど、歪みの元になります。
実際、普段から足組をしているとバランスは崩れ腰痛の原因となったりします。

 

今回はそんな足組をしてしまう方の為に簡単なストレッチをご紹介します。足を組んで座った状態からの腰痛予防ストレッチです!
このストレッチは椅子に座った状態で足を組み、組んだ上の足の足首が反対の足の膝の上に来る様にします。 そのまま上半身を太ももの方に寄せるように前に倒して行きます。下の足の足首と膝に体重を乗せて、お尻の筋肉が伸びるのを感じて下さい。ゆったりと呼吸をしながら片側30秒ほどストレッチしましょう。終わったら反対側も忘れずにストレッチして下さいね。

※痛みを伴う場合は股関節にトラブルがある場合があるので無理にストレッチを行わないようにしてください。

先程のお尻の筋肉は大殿筋と言います。
大殿筋は骨盤から太ももの裏側に付着するとても大きな筋肉です。
歩くときや姿勢の保つのにも重要な働きをしています。

大殿筋が硬いとお尻はダランと下がってしまいます。このお尻の状態で中腰姿勢や屈むような動作、長時間のデスクワークを行うと骨盤が前に傾けない分、腰の骨が前に歪んでしまい身体を前に傾いてしまいます。

この状態はいわゆる反り腰というものです。
反り腰が長時間続くと筋肉は緊張し、背骨付近から出てくる血管の流れも悪くなり腰痛の原因となります。

デスクワークをされていて、6時間以上座っている方はお尻が潰れた状態が続き血流が悪くなり筋肉が硬くなってしまいます。現代社会でデスクワークの方は大勢いらっしゃるので、そのような方には毎日行うことをオススメします。

皆さん、自分が足組をしていることに気付いた時は、この腰痛予防のストレッチをしてみてはいかがでしょうか??

ぎっくり腰や交通事故で腰を痛めたことがある方、腰に違和感や不安がある方、ヘルニアをお持ちの方も、このストレッチはオススメです。なかなか良くならないと悩む前に、当院にご相談下さい。

  • 当日予約

〒162-0065 東京都新宿区住吉町11-18アクセスマップはこちら

受付時間日/祝
9:00~12:30
15:00~19:30

※土曜の受付時間は9:00~13:00です

お問い合わせご相談ください。03-6273-0238