あけぼのばし整骨院|全身筋肉・筋膜調整で根本治療、交通事故治療にも自信あり!

あけぼのばし整骨院産後骨盤矯正 オステオパシー整体が人気

捻挫

このようなお悩みはございませんか?|新宿区曙橋駅スグのあけぼのばし整骨院

捻挫

  • 運動中に捻ってしまって痛い
  • 昔に捻挫したことあるけど治ってるか不安
  • 関節がガクガクするけど原因が分からない
  • 関節が曲げれないけどどうしたらよいか分からない
  • 何だか関節が腫れてしまっている

捻挫はどうしておこるの?新宿区曙橋駅すぐあけぼのばし整骨院

捻挫とは、関節を過度に捻ってしまったり、外力が加わって起こる怪我です。
整形外科などでレントゲンを撮った際に骨折や脱臼がない関節の怪我は捻挫という診断になります。つまり、捻挫とはレントゲンで写らない部分の怪我ということになります。

捻挫は靭帯や腱、関節包というような軟部組織といわれるものや、骨の表面を覆う関節軟骨、関節のクッションである半月板や関節唇といわれる部分の怪我です。捻挫をした関節は腫れてきたり、赤くなったり、痛みがでたりします。
これら症状は、捻挫の痛めた程度によりますが、痛みを感じにくい靭帯もあるため、あまり痛くないから、歩けるから、と言って素人判断はいけません。

新宿区曙橋駅すぐあけぼのばし整骨院での捻挫の治療とは?

捻挫の治療には、手術による治療と、手術以外の保存的治療のいずれかになります。
手術は、ボルトをいれたり、靭帯を繋ぎ合わせたり、内視鏡を用いるなど、症状により異なります。手術をしない場合はテーピング、包帯、ギプスによる固定とマッサージ、運動療法を行います。

新宿区曙橋すぐあけぼのばし整骨院では、筋肉、関節の矯正を行い微弱電流を行いながらの早期のリハビリテーションを行っております。捻挫は手術にしてもテーピングなどによる固定の場合も、早くから運動を開始する方が治りが早くなっています。

また、捻挫をすると必ずと言って良いほど身体の重心が崩れます。オステオパシー整体の骨格矯正で関節を整えて、内臓を調整する事によって重心安定してきます。早めの根本治療で快適な毎日を過ごしましょう。

捻挫を放っておくと?新宿区曙橋駅すぐあけぼのばし整骨院

治療しないと

多くの捻挫(靭帯や軟骨の痛み)では痛めてから1~2ヵ月くらいもすると強い痛みは取れて日常生活に支障はなくなります。
その後は、スポーツを行ったり、急に無理したなど日常では使わない部分に負担が加わったときに痛みや腫れ、関節の不安定感などの症状が出てきます。捻挫は重症の怪我という感覚がなく、ついつい無理をしてしまいがちですが、その結果として関節内の状態が悪化することがあります。

関節内の状態が悪化した捻挫は積み重なると変形性関節症というような(いわゆる老化現象で関節の軟骨がすり減って関節が変形してくるのと同じ状態)状態に至ることがあります。捻挫をした最初の時点できっちりとした治療計画が明確化されてきる事が大切てす。

捻挫をしてしまったら、放っておかずに、新宿区曙橋駅すぐのあけぼのばし整骨院までお越しください。

新宿区のあけぼのばし整骨院の患者様の声

記事はありません。

お問い合わせご相談ください。03-6273-0238

友だち追加をしよう

LINE QR

LINE ID

友だち追加