あけぼのばし整骨院|全身筋肉・筋膜調整で根本治療、交通事故治療にも自信あり!

あけぼのばし整骨院産後骨盤矯正 オステオパシー整体が人気

坐骨神経痛

このようなお悩みはございませんか?|新宿区曙橋駅スグのあけぼのばし整骨院

坐骨神経痛

  • お尻の辺りが痛む
  • 座っているのがツラい
  • 腰からふくらはぎまで痺れる
  • 痛くて前屈みになってしまう
  • 足先が痺れる

どうして坐骨神経痛になってしまうの? 新宿区曙橋駅すぐあけぼのばし整骨院

坐骨神経痛とは、腰から足の後ろにかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることで痛みやしびれなどの症状のことを言います。
多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれの症状がでます。

また、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。
年齢が若い場合は、腰椎椎間板ヘルニアが多く、高齢になると、ほとんどが腰部脊柱管狭窄を原因として発症します。腰部脊柱管狭窄、腰椎椎間板ヘルニアとも腰椎(背骨の腰の部分)に起こる異常によって坐骨神経が圧迫され、下半身に痛みやしびれを引き起こします。

新宿区曙橋駅すぐあけぼのばし整骨院での坐骨神経痛の治療方とは?

坐骨神経痛の一般的な治療には、薬物治療、理学療法、手術というのが多いです。
当院では、股関節の筋肉、関節の柔軟性を回復し下肢から骨盤のバランスを整えることにより血流やリンパの滞りを改善していきます。

坐骨神経痛の方は必ず重心の位置が悪いため、内臓の緊張を和らげてより正しい姿勢になれるようにサポートします。また、日常の動作を確認して普段から負担のかかっている動きに気が付き、日常の中で気を付けることを指導させて頂きます。

そのまま、坐骨神経痛を放っておくとどうなるの?|新宿区曙橋駅すぐあけぼのばし整骨院

治療しないと

坐骨神経痛はヘルニアになってから痛みが出ることが多く放っておくと脊柱管狭窄症になりやすいです。
腰が痛くてお尻からふくらはぎがしびれるという状態から、歩くと痛い、前屈みをすると楽になるなどに変わってきたら注意が必要です。
当院では筋肉×骨格×内臓を調整して、機能と構造を整えるオステオパシー整体を行っております。
早めの行動で痛みの出ない身体作りを行って行きましょう!

新宿区のあけぼのばし整骨院の患者様の声

記事はありません。

お問い合わせご相談ください。03-6273-0238

友だち追加をしよう

LINE QR

LINE ID

友だち追加